スポンサードリンク


2008年11月12日

にきび跡を残さないようにするには


にきび跡は文字通りにきびの跡のことです。

にきび跡には、凹んでクレーター状態になってしまったものや、ケロイドのように盛り上がったもの、色素沈着してシミになってしまったものなどがあります。

にきびも嫌ですが、にきびの置き土産であるにきび跡は本当に嫌なものです。
にきび跡は、一度できてしまうとなかなか自然回復は難しく、化粧品でケアするにしても限界があります。クレーターになってしまったものや盛り上がったものは、一生残る場合もあるので、日頃から注意してひどいにきび跡をつくらないように予防することが大切です。


にきびもにきび跡もその原因は、毛穴の中にあるにきび菌です。

にきび跡を予防するには、にきびをできないようにすることがまず第一。
しかし、もしにきびができてしまったときには、引っかいたりつぶしたりしないことが大切です。そして、肌を清潔に保ち、脂肪分や糖分が多い食事を摂りすぎないようにする。またビタミン類をきちんと摂りホルモンのバランスを崩さないよう規則的な生活をすることなども大切です。

その上で、にきび跡の予防としては、肌の乾燥を防ぎ、毛穴の汗と皮脂のバランスをとることが重要です。

具体的にどうしたらよいのかというと、まず洗顔の際に皮脂を取りすぎないようにして乾燥肌を防ぐようにします。洗顔には弱酸性の洗顔料を使用し、化粧水などで水分補給をするといいでしょう。また意外とおろそかになりがちですが、エアコンを使用するときの室温や湿度などにも注意が必要です。

注意十秒、にきび跡一生。



 
posted by にきび対策 at 23:18| にきび