スポンサードリンク


2008年09月09日

毛穴のしくみを学ぼう(その壱)〜毛穴とにきびの関係〜

にきびについて語るうえで、毛穴ははずすことができません。にきびとは、毛穴が詰まりそこに脂がたまってしまった状態です。まず、毛穴について勉強する必要があるでしょう。
毛穴とは、皮膚表面にある小さな毛が生える穴のことです。毛穴には皮膚の中で作られた皮脂や汗を体外に排出するという役割があります。
この皮脂は肌を保護し、潤いを保つ役割をします。しかし、過剰な皮脂分泌や角質の不要物で毛穴が塞がれてしまうと、毛穴本来の役割を果たすことができなく なり、にきびの原因になっていくのです。そして、歳をとるとコラーゲンが減っていくため、皮膚は緩んだ状態となり、毛穴が開きます。きちんとケアをしてい
ないと、皮脂により毛穴がどんどん大きく開いていってしまいます。

毛穴の役割は毛を生やすことと、皮脂を分泌することです。
毛穴の奥にある皮脂腺で皮脂が作られ毛穴を通して皮膚全体に分泌されます。この皮脂は皮膚の表面をなめらかにして、乾燥から皮膚を守る役割をしています。 そして、毛穴の数は体の部位によって差があります。顔の中で毛穴が集中しているのはTゾーンです。このTゾーンは顔以外の部分の役7倍の毛穴があるとされ
ています。小鼻は特に皮脂の分泌が盛んなため、毛穴の黒ずみや詰まりが目立つ場所です。毛穴に詰まっている角栓は、皮脂の色(黄色っぽい白色)をしていま す。その周りにある黒い点は酸化した角栓です。毛穴の汚れは皮脂が毛穴に溜まるほか、洗顔で落としきれなかったメイクの汚れや古い角質が原因です。そし
て、毛穴には空気中のほこりなどのゴミも付着し、これらが混ざりあうことにより角栓ができます。

毛穴を開かせない、にきびができないようにするために、毎日のスキンケアは大切です。皮脂を溜め込まないようにするには、まず洗顔です。
だからといって、顔のテカリやにきびを気にして何度も洗顔をしてはいけません。肌の機能を低下させてしまうので逆効果になります。洗顔は一日2回がいいでしょう。鼻は立体的で洗顔しにくい場所です。ほかの部位よりも丁寧な洗顔を心がけてください。
posted by にきび対策 at 11:50| にきび