スポンサードリンク


2008年09月08日

にきびにはちみつは効くの?

はちみつは、人間の健康維持に必要なミネラルやビタミンがバランスよく含まれています。構成成分のほとんどがブドウ糖と果糖ですが、タンパク質や乳糖、リンゴ酸、ビタミンB群、カルシウム、鉄などのさまざまなビタミンとミネラルも含まれています。それだけでなく殺菌力・抗菌力があり、傷口にはちみつを塗ることで菌の
繁殖を抑え、治します。また、風邪や感染する病気にも効果があるとされています。
さらに、はちみつには整腸作用があり、ビフィズス菌などの善玉菌を増やし腸の状態を正常に保つので、便秘からくるにきびや肌荒れも改善してくれるでしょう。
はちみつは食用にするだけでなく塗布することは、浸透性もあり肌にもいいと言われています。殺菌力もあり肌荒れや乾燥肌、にきびにも効果が見られます。
簡単にできるものとして、普段使っている洗顔料にはちみつを少し加えて洗顔をします。これだけで、保湿ができるのでしっとりとした肌になります。はちみつを顔に塗ることは抵抗あるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。
作っておくと便利なはちみつ軟膏の作り方を紹介します。
用意するもの
はちみつ20g、亜鉛華末1g(亜鉛華末は酸化亜鉛の粉末で、薬局で買うことができます。)
作り方
はちみつに亜鉛華末を加えて、均一に混ざるようにていねいに練り合わせます。
作り置きする場合は、容器に入れ密封した後冷蔵庫で保存してください。
使用上の注意
このはちみつ軟膏をにきびや切り傷などの患部に塗ります。肌が弱い人は、ガーゼの上から塗ってください。べたべたするので、塗った上から絆創膏などで覆うと良いでしょう。また、にきびが悪化している状態ではさらに刺激になってしまうかもしれません。自分の肌に合わせた使い方をしてください。

天然のはちみつは白く固まる性質があり、加工したはちみつは結晶化しにくいため濁ることはありません。
にきび薬を手作りする際は、ぜひ天然はちみつで作ってください。
posted by にきび対策 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755190

この記事へのトラックバック