スポンサードリンク


2008年09月12日

にきび痕の原因

にきびを悪化させてしまうと、にきび痕となってしまうことがあります。にきびを悪化させる原因は、様々な要因があります。適切でないスキンケアや治療、逆 に放置していても炎症を進行させてしまうこともあります。にきびを潰す行為は特に禁物です。にきびはとてもデリケートで難しいものなので、その症状にあっ
た治療が必要です。

にきび痕には大きく分けて二つの種類があります。色素沈着しているものと、表面がデコボコとしているものです。
にきびの傷跡や皮膚の色素沈着などでできたにきび跡は、ターンオーバーの促進が効果的です。肌にうるおいを必要な分だけ与えて新陳代謝を促せば、次第に薄 くなっていくはずです。しかし、重度のにきび跡は、真皮まで届いた炎症なので代謝は行いません。にきび痕が陥没し、肌がデコボコになっている場合は細胞ま
で傷ついている可能性が大きいので、セルフケアでは改善が難しいでしょう。
ダメージによってはクレーター状の跡として残ってしまいます。
化膿したにきびでは、コラーゲンの生成が正常に行われないため、肌の修復ができず痕が残ってしまいます。
一度できてしまったにきび痕をきれいにするには、かなり時間がかかります。クレーター状のにきび痕を作らないためにするには、早めに適切な処置をすること です。 炎症が悪化し、周囲の組織にまで広がる前に治してしまいましょう。クレーター状になってしまうのは、にきびを手で潰してしまったことが原因です。にきびを
潰すと皮膚組織が傷つき、クレーター状になりやすくなります。 クレーター状のにきび痕を治していくには、表皮の下にある真皮を再生させることが必要です。そのために、真皮の構成物質であるアミノ酸やビタミン類などの 栄養素をバランスの取れた食事や、栄養補助食品によってバランス良く摂取することが大切です。
posted by にきび対策 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755182

この記事へのトラックバック

原因不明 不妊
Excerpt: こんにちは。この度不妊情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。
Weblog: 原因不明 不妊
Tracked: 2008-12-30 11:36