スポンサードリンク


2008年09月13日

毛穴掃除の仕方

女性は特に、化粧などで鏡を見る機会が多いので、毛穴の汚れが気になり、手で出したり、毛穴パックを試した人も多いのではないでしょうか。
毛穴パックなどは、綺麗に角栓を取り出し、毛穴掃除が出来るのですが、肌にダメージを受けてしまいます。炎症やにきびになってしまったという人もいるのではないでしょうか。手で出すことも、爪で肌を傷つけてしまうなど良くない事が多いのでやめましょう。

毛穴は皮脂と皮脂腺からできています。皮脂と皮脂腺は、素肌のうるおいを保つために大切なもので、肌になくてはならない存在です。
皮脂が毛穴に溜まり詰まることにより、角栓となり毛穴を塞いでしまいます。この角栓はにきびの芯となります。毛穴に溜まった角栓が菌を増殖させ炎症を起こすことにより、にきびを悪化させてしまいます。

毛穴掃除をするには、肌を良く温めて毛穴を開き、丁寧に洗顔をするだけでも毛穴に詰まった汚れが落ちます。
洗顔だけでは取りきれない時は、日頃から化粧水や美容液をつけたり、お風呂でやさしくマッサージするなどして十分に角栓をやわらかくしておき、コットンを狙った角栓の両サイドに置くか、指にガーゼを巻きつけるかします。
そして両指で角栓を押し出すようにV字に圧力をかけ取っていきます。
角栓が固いままでは、押し出すときに余計な力がかかり、肌を傷つけてしまうので注意が必要です。赤く腫れたにきびがあるときはお休みし、2〜3日に1度のペースで行なうと、毛穴も徐々に目立たなくなり、にきびの予防にもなります。

毛穴掃除をすると毛穴は開いた状態となります。
そのままにしておくと、さらに毛穴は開きっぱなしとなり汚れで詰まり、にきびの原因となってしまいます。
掃除をした後は、かならず毛穴引き締めケアをしてください。
posted by にきび対策 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755181

この記事へのトラックバック