スポンサードリンク


2008年09月17日

ストレスにきびを知ろう

ストレス社会と言われる現代。多くの人にとってストレスを感じる度合いが以前より増えてきているのではないでしょうか。
女性はストレスによって肌荒れやにきびができてしまうだけで、気分が滅入ってしまいますよね。
ストレスをなくすことは難しいので、うまくつき合うにはどうしたらいいのかを前向きに考えていく必要がありそうです。

大人にきびが顔にできやすいのは、ストレスを感じると男性ホルモンが分泌し皮脂の分泌が過剰になり、にきびになるためです。

精神的ストレスは大人にきびにとって、とても重要です。
ストレスが続くと交感神経が刺激され肌がかさかさになり、交感神経が優位になるとにきびができやすくなります。
健康な肌をを保つには、交感神経の刺激が続かない生活が大切です。
睡眠不足などは1日の交感神経緊張状態を長くすることなので、肌荒れやにきびができてしまいます。

ストレスによる肌の異常は必ず体内の変化を伴います。
内臓のほとんどの働きは副交感支配なので、ストレスによって交感神経緊張の時間が長くなると消化管の働きが低下します。
食欲が無くなるというのは、こういうことです。
精神的なストレスだけでなく、寒さや暑さにさらされた時や激しいスポーツ後のような肉体的ストレスも含まれます。
また、活性酸素が体内で細胞に及ぼすトラブル(酸化ストレス)も広い意味でストレスと言われます。

ストレスを解消するために十分な睡眠をとり、リラックスできる時間を持つことが大切です。
体を動かすこと自体は、ストレスの解消になりますが、逆に激しい運動はかえってストレスを生んでしまいます。
激しい運動は、活性酸素を体内に増やしてしまうので注意が必要です。軽く汗をかく程度の有酸素運動が効果的です。
普段から運動をしている人は、血液の流れもよくなっているので、食事で摂った抗酸化物の働きを助け、全身に送り込むという利点もあると言われています。
普段からストレスを感じている人は、積極的にビタミンC・β−カロチン・ビタミンE・良質蛋白質・多種のミネラル・ビタミンを十分に摂るようにしましょう。

ストレスは溜め込まず上手に解消していくことがストレスにきびを減らす一歩です。
posted by にきび対策 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755178

この記事へのトラックバック

不妊 ストレス
Excerpt: こんにちは。この度、不妊情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。
Weblog: 不妊 ストレス
Tracked: 2008-12-24 14:51