スポンサードリンク


2008年09月30日

にきび痕を治そう

現在進行形でにきびに悩んでいる人、過去ににきびをつぶしてしまった、自己流のケアをしていたためににきび痕が残ってしまったなどの原因でにきび痕に悩んでいる人もいることでしょう。

にきび跡にも種類が分かれており、合わせた治療が必要です。
にきびの傷跡や皮膚の色素沈着などでできたにきび跡は、ターンオーバーの促進が効果的です。
肌にうるおいを必要な分だけ与えて新陳代謝を促すことにより、次第に薄くなっていくはずです。

にきび跡が陥没し、肌がデコボコになっているにきび痕は、肌が再生するための細胞分裂を行う細胞まで破壊しているので、自分で改善していくのは難しいと言えます。このような時は、レーザーやピーリング治療が有効です。
ピーリングとは、肌の表面の角質層をはがして皮膚の再生を強制的に行わせることでにきびを治療いる治療法です。
特にマイクロピーリングは、機械的に薄く皮膚を削り取るため、クレーター状になったにきび跡に効果があり、圧力を加えてピーリングの暑さや速度をコントロールします。皮膚の弱い部分や顔の目の近く、首などにも使えます。
レーザー治療は、にきびの症状にあわせてレーザーを使い分ければ、ほぼすべての症状に対応すると言われています。治療の際には納得いくまで説明を受けた方がいいでしょう。
そのほかにも、クレーター状のにきび痕にヒアルロン酸やコラーゲンを注入することで、目立たなくさせる方法もあります。ただし、数ヶ月程度で肌に吸収されるので、定期的な治療が必要です。

種類にあわせた治療法がたくさん確立されています。人が良いと言ったからといって、必ずしも自分の肌に合うとは限りません。
専門医から説明をしっかり聞き、不安なことは相談して治療を進めてください。

にきび痕をできるだけ残さないように、にきびが軽症のうちに早めに治療しましょう。
posted by にきび対策 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755175

この記事へのトラックバック