スポンサードリンク


2008年10月31日

にきび対策のスキンケア

にきび対策のスキンケアと言えば、洗顔と保湿です。
にきび改善だけでなく、続けることにより肌が綺麗になっていくので正しい洗顔法を身につけましょう。

にきびができた時の洗顔時のポイント
・人差し指と中指の指腹部で円を描くように力を入れずに優しく洗います。
・額→こめかみ→眉→鼻→目の周り→頬→口の周り→あご→首筋の順に洗います。
・蒸しタオルで毛穴を開かせておくとより効果的です。
・泡で皮脂や汚れを包み乳化させ、泡と一緒に汚れを落とします。
洗顔の手順
?熱めのお湯(40〜50℃)にタオルをつけ、軽くしぼります。
?蒸しタオルを顔に当てて、2、3分おき毛穴を開かせます。
?ぬるま湯(35〜40℃)で顔をさっと洗います。
?手をぬるま湯で濡らし、両手の平で石けんを十分に泡立てます。泡立て用のスポンジやネットを使ってもいいですね。
?手でつつみこむようにしてやさしく洗います。
?洗顔後、ぬるま湯で洗い流します。こめかみやあご、首筋などに洗顔剤を残さないようにしっかり洗い流します。

ただし、一つ注意してほしいことがあります。
大人にきびの場合、洗顔のやりすぎは禁物です。
にきびのできた肌はバリア機能が落ちているので、強い洗顔料では逆にダメージを与えてしまいます。
クレンジング剤はふきとりタイプのものより、洗い流すものを使いましょう。
メイクになじみやすいオイル状のものや泡立てて洗い流すクリームタイプのものです。
低刺激のものや敏感肌用などとかかれたものが適しています。低刺激といっても、自分の肌質に合わないこともあるので、肌にあわせた洗顔料を使ってください。

胸や背中に、にきびができたときも洗い方は基本的に顔と同じと考えていいでしょう。
身体をていねいに洗い、シャンプーや石けん、ボディソープなどのすすぎ残しがないようしっかりと洗い流しましょう。
ごしごし力を入れる必要はありません。縦に大きくこするような乱暴な洗顔は厳禁です。

洗顔をした後は、保湿を忘れずに行うことがとても重要です。
保湿をする理由は、皮脂の分泌量を正常な状態に戻し、外界の刺激から肌を守るためです。
油分を補給するのではなく、水分を補給するために保湿性の高い化粧水や美容液を使用し、肌をしっとりした状態にしておくことが大切です。
posted by にきび対策 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18755170

この記事へのトラックバック