スポンサードリンク


2008年08月19日

にきびができたら

にきびが出来る原因はたくさんあります。

■毛穴の汚れ
皮脂がつまっている毛穴は汚れや皮脂の分泌により汚れがたまりやすい部分です。皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は皮脂の量も多くにきびができやすいといえます。

■ホルモンバランスのくずれ
男性ホルモンは皮脂腺を発達させて分泌を促進します。10代の男性ににき びが多いのはこのためです。女性の場合もホルモンは密接な関係にあります。生理前には女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが多く分泌されるので皮脂が 多く分泌されます。ですからこの時期ににきびができやすくなります。

■遺伝民族や人種の違いで肌質が違うように、にきびの発生率も異なります。ですから、遺伝が原因の一つであるとも考えられています。家族や親戚ににきびで悩んでいる人がいれば、その肌質を受け継いでいてなりやすい、ともいえるのです。

■服装や髪型
顔の中でにきびができやすいTゾーンやほっぺたに毛先があたる髪型をしていると、にきびが悪化することがあります。毛先が当たると刺激が強くなるからで す。洋服でもウールのタートルネックなどちくちくするものや、寝具では枕など、にきびができている部分を刺激するような素材のものは避けたほうがいいで しょう。

まず、にきびができてしまったらまずは肌を清潔に保つことを心がけましょう。
女性はメイクをする機会が多いので、必ずきちんとクレンジングでしっかりメイクを落としましょう。クレンジング剤でメイクを落としたら、洗顔料で洗顔しま す。洗顔剤はよくすすいで残らないようにします。これで肌を清潔に保てます。私も忙しさや疲れがたまり、洗顔が雑になってしまうことがあります。綺麗な肌
を保つために、女性は特に意識して洗顔をする必要がありますね。

ただし 、一つ注意してほしいことがあります。大人のにきびの場合、洗顔のやりすぎは禁物なのです。にきびのできた肌はバリア機能が落ちています。強い洗顔料では 逆にダメージを与えてしまいます。クレンジング剤はふきとりタイプのものより、洗い流すものを使いましょう。メイクになじみやすいオイル状のものや泡立て
て洗い流すクリームタイプのものです。低刺激のもの敏感肌用などとかかれたものが適しています。顔をまずぬらしてから洗顔料をよく泡立てて手でつつみこむ ようにししてやさしく洗います。泡立て用のスポンジやネットを使ってもいいですね。胸や背中に、にきびができたときも洗い方は基本的に顔と同じと考えてい
いでしょう。身体を丁寧に洗って、シャンプーや石けん、ボディソープなどのすすぎ残しがないようしっかりと洗い流しましょう。ごしごし力を入れる必要はあ りません。縦に大きくこするような乱暴な洗顔は厳禁!!

ついついにきびができると気になって触りたくなってしまいますよね。ここはグッと我慢して、清潔に保つ努力をしましょう。
posted by にきび対策 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18752793

この記事へのトラックバック