スポンサードリンク


2008年11月25日

アクネ菌の正体

アクネ菌は、皮脂を栄養にして増殖しニキビの原因となり、ブドウ球菌と並んで皮膚に一番多く存在する菌です。
この菌がにきびを悪化させるということが分かっています。

本来、アクネ菌は他の細菌に対して殺菌力のある脂肪酸を作り、皮膚につく病原性の強い細菌の増殖を抑える役割を担っています。
そして、アクネ菌は、誰にでもある程度の数はいる皮膚の常在菌です。
2歳くらいからアクネ菌は皮膚にみられるようになり、 成長とともに増加し思春期の頃にピークを迎えます。
にきびができやすいといわれている顔や背中などにはより多くのアクネ菌が見つかります。

皮脂を栄養としているアクネ菌の増殖が非常に活発になると、アクネ菌が細菌性リパーゼという酵素を生み出し、組織の中に侵入して増殖し、炎症を起こし悪化させてしまうのです。
酷い場合は、そこにブドウ球菌などのアクネ菌以外の細菌も増殖して膿が溜ってしまいます。
化膿した皮膚が盛りあがり、赤く炎症を起こしているのが赤にきびです。

皮膚の悪玉菌であるアクネ菌を抑えるには、正しい洗顔をする必要があります。
逆に洗いすぎても皮膚を痛めてしまい、にきびを悪化させる要因になってしまいます。
まず、顔をぬらしてから洗顔料をよく泡立て、手でつつみこむようにしてやさしく洗います。泡立て用のスポンジやネットを使ってもいいでしょう。
胸や背中ににきびができたときも、洗い方は基本的に顔と同じと考えていいでしょう。
身体を丁寧に洗って、シャンプーや石けん、ボディソープなどのすすぎ残しがないようしっかりと洗い流しましょう。
美容外科では、アクネ菌を殺菌する光化学治療(PDT)も効果があります。

自分でにきびをつぶすと、皮膚が陥没してしまったり、色素沈着してしまうことになりかねません。
できてしまった皮膚のデコボコや色素沈着などのにきび跡を修復するのは難しいので、早めに皮膚科のお医者さんで診断と治療を受けるようにしましょう。
posted by にきび対策 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび

2008年11月17日

大人にきびができる理由

思春期のにきびは、皮脂の分泌が活発になることによって起こり、多くは顔にあらわれます。
しかし思春期を過ぎ、大人になってからできるにきびは顔だけでなく、デコルテや背中にも出てくることがあります。

10代の頃にできるにきびの原因は、皮脂の量です。しかし、大人になってできるにきびの原因には、皮脂の量の他にもいくつかあります。

ストレス、食生活の乱れ、化粧品、紫外線など、いろいろな要因が複雑に絡み合ってにきびができ、アクネ菌が繁殖することで炎症を起こしてしまいます。
特に、ホルモンバランスの崩れは大敵です。男性ホルモンは皮脂腺を発達させて分泌を促進します。
10代の男性ににきびが多いのはこのためです。女性の場合もホルモンは密接な関係にあります。
生理前には女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが多く分泌されるので皮脂が多く分泌されます。ですからこの時期ににきびがができやすくなります。

ストレスが原因のにきびが多くなるのも、大人のにきびの特徴です。
ストレスは自律神経に影響を及ぼして、体のいろいろなところに不調をおこします。
ストレスがホルモンバランスをくずしたり、便秘や不眠をおこすなどにきびにとってもよくない影響を与えてしまいます。


顔ににきびがある人は、身体にもにきびができやすいのです。全体的にさわるとぶつぶつしていたり、小さなぷつぷつができます。
はじめは背中や胸の中心部分にできていたものが、背中の下のほうや胸から首にかけてにきびが全体に広がってしまうことも少なくありません。
ただ、背中にきびはどちらかというと10代より大人になってからできやすい場所といえます。
皮脂が過剰になる場所というのが主な原因ですが、大人になって皮膚や新陳代謝が衰えることも原因の一つです。



このように、大人にきびができるというのは、体に何かしらの負担をかけているということです。
大人にきびをつくらない、進行させないためには、洗顔、保湿などの毛穴をつまらせないためのケアや、薬によって炎症を抑える治療を行なうことに加え、ホルモンバランスを崩さないように気をつける必要があります。
にきびは原因が一つでないだけに、原因を特定してケアをしていかなくてはいけないですね。
posted by にきび対策 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(5) | にきび

2008年11月15日

背中にきびに負けるわけにはいかない

背中にきびを治すには、背中にきびに適した石鹸を使うことが大切です。

まずいつも背中を清潔に保つこと。そのため、入浴時の洗髪の際、背中にシャンプーやリンスなどの洗い残しが放置されないよう注意しなければなりません。洗髪も無添加の石鹸を使用すると効果があるようです。

背中にきびのケアは、細かいこころがけの積み重ねです。

背中にきびの薬や石鹸の話をするまえに、注意しなければならないことがあります。たとえば背中を洗うときのタオルは綿タオルがいいでしょう。ポリエステル性のタオルでゴシゴシ洗うのは背中の肌や毛穴を傷つけてしまうことになります。使用する洗剤もボディーシャンプーの類は避けたいもの。含まれる化学合成物質が肌への刺激となるからです。

さらに、背中を清潔に保つために、背中から分泌された皮脂は放置せず、まめに背中の汗や皮脂はタオルなどでふき取り、下着などを着替えるようにする必要もあります。特に夏場は清潔に気を配って、背中にきびを予防しましょう。

一方、背中のにきびの改善法として、ホルモンバランスの崩れない規則正しい生活を心がけることも大事です。背中のにきびは生活環境の乱れを敏感に反映します。特に睡眠不足によるホルモンバランスの崩れは過剰な皮脂分泌を促し背中のにきびを増殖させる原因となりますから、十分な睡眠をとるようにしましょう。

背中にきびを改善するため、栄養バランスのとれた食事を心がける必要もあります。刺激物や糖分、油分の多い食事は避け、野菜、魚類、肉類をバランスよく摂取し、ビタミンB2やB6を多く摂るといいでしょう。

ほかにも背中にきびの改善法として、常に背中に触れている洋服の繊維をなるべく化繊ではなく通気性の良い綿などにする、紫外線(UV)対策を十分に行う、必要以上に患部に触らないといったことなどが挙げられます。
posted by にきび対策 at 00:28| にきび

2008年11月12日

にきび跡を残さないようにするには


にきび跡は文字通りにきびの跡のことです。

にきび跡には、凹んでクレーター状態になってしまったものや、ケロイドのように盛り上がったもの、色素沈着してシミになってしまったものなどがあります。

にきびも嫌ですが、にきびの置き土産であるにきび跡は本当に嫌なものです。
にきび跡は、一度できてしまうとなかなか自然回復は難しく、化粧品でケアするにしても限界があります。クレーターになってしまったものや盛り上がったものは、一生残る場合もあるので、日頃から注意してひどいにきび跡をつくらないように予防することが大切です。


にきびもにきび跡もその原因は、毛穴の中にあるにきび菌です。

にきび跡を予防するには、にきびをできないようにすることがまず第一。
しかし、もしにきびができてしまったときには、引っかいたりつぶしたりしないことが大切です。そして、肌を清潔に保ち、脂肪分や糖分が多い食事を摂りすぎないようにする。またビタミン類をきちんと摂りホルモンのバランスを崩さないよう規則的な生活をすることなども大切です。

その上で、にきび跡の予防としては、肌の乾燥を防ぎ、毛穴の汗と皮脂のバランスをとることが重要です。

具体的にどうしたらよいのかというと、まず洗顔の際に皮脂を取りすぎないようにして乾燥肌を防ぐようにします。洗顔には弱酸性の洗顔料を使用し、化粧水などで水分補給をするといいでしょう。また意外とおろそかになりがちですが、エアコンを使用するときの室温や湿度などにも注意が必要です。

注意十秒、にきび跡一生。



 
posted by にきび対策 at 23:18| にきび

にきび跡の原因と対策

にきび跡って気になりますよね。

にきびを悪化させた結果、赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまったりする状態のことを俗ににきび跡と呼んでいます。

にきび跡ができる原因としては、主に次のようなものがあります。

・にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化させた

・にきび発生後の間違ったスキンケアや治療をした

・適切な治療をせず放置した

・寝具や洗面用具など肌に直接触れるものが不潔である


これ以外にも、乾燥肌もにきび跡が残りやすくなります。

ではどうしてにきび跡ができるのでしょうか?

にきび跡の原因は、毛穴の中にあるにきび菌(アクネ菌)です。

にきび菌は常に毛穴の中にあるので、殺菌しても完全に消滅させることはできません。

にきび菌は皮脂をエネルギーにしているので、皮脂が蓄積するとにきび菌の活動が活発化し、毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊してしまうというわけです。

にきび跡は、にきびを悪化させた結果できるので、にきび跡をつくらないためには、

・にきびができないようにする

・にきびができてしまったときは治療をきちんとする

この二つのことが大切です。


にきびをきちんとケアしてにきび跡を残さないようにしましょう。

posted by にきび対策 at 00:32| にきび

2008年11月11日

背中にきびの原因

背中にきびとは、文字通り背中にできるにきびのことです。通常のにきびと異なり、大人になってからできることが多く、慢性的になっている人も多いと言われています。

「にきびなのかどうかよく分からないが、背中にブツブツができやすい」「年齢的なものなのか、体質的なものなのだろうか」という程度の認識の人もいるかもしれません。

背中にきびの原因は、いろいろ挙げられています。よく言われるのは、たとえば遺伝的要因、ホルモンバランスの崩れによる過剰な皮脂分泌、紫外線などです。もともと背中は皮脂腺が多く、汗をかきやすいわりに乾燥しやすいという意外にデリケートな部分なのです。また普段は衣服を着ているので、ほかの箇所よりも湿度や温度が高くなるため、にきびができやすい状態だといえます。

最近では、入浴時のシャンプーやリンス、トリートメントといったものの使用方法が背中にきびに強く関係しているとも言われています。入浴時に、背中は手が届きにくいために洗っているつもりでもよく洗えておらず、シャンプーなどの洗い残しが背中の皮脂分泌の多い毛穴に入り込み、角質の代謝が低下し、にきびをつくるのです。

背中にきびは前記のようにいくつかの原因があり、人によって症状も異なります。

どのような病気もそうですが、素人判断は危険です。

顔にも背中にもにきびがいっぱいという人の場合、何とかしたいと一生懸命になるあまり、間違った方向に突き進んでしまうということも良くあります。背中にきびかなと思ったら、一度専門医に相談することをお勧めします。

専門医に相談しても納得のいく説明が得られない場合は、違うドクターにも診てもらうことも必要でしょう。いわゆるセカンドオピニオンです。

たかがにきびだと考えずに、きちんとした対処をしましょう。


 

 
posted by にきび対策 at 22:57| にきび

2008年11月06日

にきびの初期っていつ?

にきびの初期段階のものをコメドと呼びます。コメドには、白にきびと黒にきびの2種類あります。
白にきび:毛穴が閉じている状態で、皮脂が内部に溜まってしまいます。肌表面にプツっと盛り上がっているのがこの白にきびです。
黒にきび:毛穴が開いている状態で、その中に皮脂・古い角質・老廃物などの汚れが溜まり、酸化して黒く見えるのが黒にきびです。
どちらのにきびも、悪化して炎症を起こすと赤にきびになります。


白にきびはメイクが落としきれていなかったり、ファンデーションの厚塗りも原因の一つです。大事なことは毛穴を塞がないことです。
毛穴が塞がれることにより、白にきびはできるので、初期段階である白にきびでケアをしていきましょう。
白にきびができるということは、皮脂分泌が過剰になってきているので、洗顔を丁寧に行いましょう。
洗顔後はしっかり保湿をし、余分な皮脂を抑えることが大切です。また、毛穴に詰まった角栓を押し出すことは厳禁です。
角栓を出した後は毛穴が開きっぱなしになり、ますます汚れが詰まりやすくなってしまいます。

白にきびが悪化すると黒にきびへ移行します。
鼻の頭がポツポツとイチゴのように黒くなっていることがあれば、それは黒にきびです。
毛穴パックや毛穴シートを使用しても黒にきびには効果がありません。
白にきびと同様で、洗顔が大切になってきます。
白にきびが悪化したのが黒にきびなので、白にきびより根気がいることを念頭に置いて、時間をかけてケアをしていきましょう。
そして、洗顔後はしっかりと保湿をし、毛穴を引き締める化粧水を使うことも大切でしょう。

白にきびも黒にきびも、まだこの段階では炎症を起こしていないので、早めにケアすることで炎症を伴う赤にきびへの進行を防ぐことができます。そのまま自然 に治ってしまう場合もありますが、アクネ菌が毛穴にたまった皮脂を栄養にして繁殖してにきびを悪化させることもあるため、スキンケアでにきびの悪化を未然
に防ぎましょう。
posted by にきび対策 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(3) | にきび